テープスイッチ 上部から押すことにより、簡単に動作するテープ状のスイッチ
ホーム >  テープスイッチ > テープスイッチを取り付けてみよう!

テープスイッチを取り付けてみよう!

テープスイッチジャパンがご案内しているスイッチキット「モールドターミナル」を用いると、簡単にご利用いただくことができます。そのご使用方法をご紹介します。

1.テープスイッチをカットする

1.テープスイッチをカットする

テープスイッチを平らにできるだけきれいに切ります。スイッチ内に切片など残らないようにします。

2.上下の素子を広げる

2.上下の素子を広げる

上下の素子を爪用のやすりやナイフを使って広げます。

3.コネクタを入れる

3.コネクタを入れる

リード線付コネクタ(ライブ)を上下の素子の間に入れます。

4.絶縁体を入れる

4.絶縁体を入れる

端末コネクタ側には10mm×10mmの絶縁体(マイラー:付属品)を入れます。テスターやブザーで、オン・オフの状態をチェックします。

5.シール剤を塗る

5.シール剤を塗る

シール剤を図のように塗ります。リード線側およびテープスイッチの端から約13mmの位置まで、ターミナルを押します。はみだしたシール剤はきれいに拭きとりましょう。ワイヤー出口にもシール剤を塗ります。

6.完成

6.完成

シール剤が乾いたらご使用できます。
※工業用および人的安全に関わるテープスイッチは、当社工場で端末溶着したものをご使用ください

各種資料ダウンロード 各種ダウンロード

テープスイッチジャパン 株式会社